Archive for 6月, 2014

Asama Hill Climb 2014 Movie

ASAMA HILL CLIMB 2014 MOVIE 予告編第一弾

浅間ヒルクライム2014 公式ブルーレイ&DVDを現在制作中です。 発売は7月下旬の予定ですが、下記より予告編をご覧頂けます。 ASAMA HILL CLIMB 2014 MOVIE 予告編第一弾    

浅間ヒルクライム2014

浅間ヒルクライム実行委員会からの御礼

浅間ヒルクライム2014は、事故なく終了する事が出来ました。 先ずは、今回の開催に伴い、多くの皆さまにご協力を賜りました事、心より御礼申し上げます。 まだまだ未熟なイベントの為、ご心配をかけた点、ご迷惑をお掛けした事等、多々有るかと存じます。 その様な声も今後、お聞かせ頂き、改善に努めながら、小諸市の皆さま、警察関係者の皆さまに信頼頂く事が出来るイベントとして成長に努めたいと存じます。 浅間ヒルクライムは、地域への貢献と自動車文化の育成を目的に、今後も活動を続けさせて頂きたいと存じます。 その為には、お褒めの言葉だけでなく、それ以上に多くのお叱りを頂きながら、共に育てるイベントとなるべきであると、考えております。 この取り組みが、模範となり、同様なイベント開催が各地で展開され、喜ばれ地域と共に文化の発展に繋がれば幸いでございます。 尚、今回のイベント内容につきましては、本ホームページならびにフェイスブックページ等でご報告申し上げます。 今後とも浅間ヒルクライムを共に育てて頂きますよう心よりお願い申し上げます。 浅間ヒルクライムスタッフ一同    

06

浅間ヒルクライム2014開催前夜

いよいよ明日、浅間ヒルクライム2014開催となりました。 天気予報も晴れ!しかし山の天気は移り変わりやすいので、念の為雨具と上着をご用意ください。 浅間ヒルクライムは、実行委員会だけでなく、走行参加する方、イベントスポンサー、そしてギャラリーとして観覧される方と共に育てる自動車イベント&観光イベントです。   「このイベントに来る人達は、とてもマナーが良い」と開催地にお住まいの皆様に良い印象をお持ち頂けるのが我々の願いです。 サッカーワールドカップも開幕致しましたが、日本サポーターは、世界中からマナーが良い事で評価を得ています。 浅間ヒルクライムサポーターも同様な評価を頂けますように。 それでは皆さん、会場でお会いしましょう! 浅間ヒルクライム実行委員会一同    

IMG_2511

イベントスケジュールのご案内

                浅間ヒルクライム2014のスケジュールとエントリーリストを下記よりダウンロード頂けるように致しました。 タイムスケジュール 浅間ヒルクライム2014 Entry List Asama Hillclimb 2014 開催日当日の駐車場は大変混雑が予想されます。 ヒルクライム観覧に合わせてのご来場となりますとシャトルバスの運行上、10時にはご来場頂きますようご協力の程、宜しくお願い致します。 尚、入場無料のイベントではございますが、駐車場代が1回500円となっておりますので予めご了承ください。    

544544_214175942039914_930865124_n[1]

今週末開催に向けて・・・

開催を今週末に控え、我々実行委員会メンバーは勿論の事、スポンサー様・走行参加される皆様におかれましても、急ピッチで準備を進めておられる事と存じます。 ここで「浅間ヒルクライム」について、少しでも多くの皆様にご理解いただく為に、どの様な想いで開催をしているかをご説明させて頂きます。         ~地域振興と自動車文化の成長に寄与する新たな交流型イベントとなる事を目指します~ 2012年より一般公道に於いて行なわれるヒルクライムイベントとして「浅間ヒルクライム」が高峰高原を舞台に2012年10月と2013年の6月に開催致しました。 そして2014年6月14日(土)・15日(日)に開催致します第3回大会は、長野県・群馬県の両県警及び開催地である小諸市・小諸商工会議所・小諸市観光協会そして開催地周辺の皆さまや国会議員の先生方のご支援により、ヒルクライム走行時間帯に限り、交通規制(通行止め)措置を講じた環境下でのデモンストレーション走行実現の運びとなりました。 走行予定車両に関しましても、普段サーキットでしかその走りを観る機会の無い車両等も登場致します。 上記の通り浅間ヒルクライムはレースではなく、年代の異なる様々な魅力的なモデルの二輪・四輪自動車が新緑の浅間山麓を走る「デモンストレーション走行」です。 サーキット専用車両等は、サーキット仕様の為、ヒルクライム走行で本領発揮できるものではありません。 浅間ヒルクライムに限らず、この様な走行イベントをご理解頂く為には、開催地の自治体はじめ関係機関との合意形成そして周辺住民や商業施設等も皆さまのご理解を頂く事が前提となります。 こういったイベント開催が地域振興の一助となり、受け入れられ、一緒に育てて頂く事により、自動車文化の発展に繋がるものと考え、浅間ヒルクライムは活動をしております。   ~海外のヒルクライム事情と日本の現状~ 海外のヒルクライムイベントは、開催地のお祭りとして根付いており、観光面においても大きな経済効果を生み出す等、サーキットで行なわれるレースと並ぶ人気を誇る等、文化として発展しています。 一方、日本は、戦後の国内自動車産業は、海外メーカーに追いつく為に性能向上に努力をし、世界に誇れる産業と発展しましたが、文化育成面においては未だに遅れをとっている事が今日の“クルマ離れ”に繋がっていると考えます。 その様な中、高峰高原で過去2回の浅間ヒルクライムを開催したことにより、開催の無かった年と比べ、開催地及び近隣市町村の宿泊施設の稼働率が上がり、微量ながら地域に寄与する事が出来た事により、海外のヒルクライムイベント同様、日本においても観光資源となる可能性を実感致しました。 浅間山麓は、日本初の自動車専用テストコース「浅間高原自動車テストコース」が存在した地であり、戦後の自動車性能向上に於いて大きな役割を担いました。 その「浅間からもう一度」今度は、自動車文化育成を目的に、地元メンバーをはじめ自動車業界や自動車愛好家の皆様と共に育てる事を目的としています。 浅間ヒルクライムは今回で3回目の開催であり、未熟な点が多々ございますが、ご参加・ご協賛・ご観覧頂く皆様からのご意見やお叱りを頂きながら、成長していく所存でございます。 そして今回、初となる交通規制下での走行イベントを走行車両だけでなく、ご観覧される皆様におかれましても、事故なく無事に終わらせる事により、次回に繋げたいと願っております。 皆様のご理解・ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。 浅間ヒルクライム実行委員会一同    

ヒルクライム観覧用シャトルバス運行について

ヒルクライムデモ走行を観覧される際は、メイン会場となるアサマ2000パークからシャトルバスをご利用ください。 観覧場所は、高峰高原ホテル前とチェリーパークラインコース途中の2箇所となりますが、いずれも一般車の乗り入れは出来ません。 どなた様も一旦、アサマ2000パークまでお越し下さいますよう宜しくお願い致します。 また、当日のアサマ2000パーク駐車場は混雑が予想されます。 シャトルバスは交通規制時間の30分前に発車致しますので、お早めにご来場頂き、スムーズなイベント運営にご協力をお願い申し上げます。 <交通規制時間帯> ・6月14日(土) 11:00~12:30 / 14:30~16:00 ・6月15日(日) 11:00~12:30    

高峰高原の気温と服装について

浅間ヒルクライム2014開催まで、いよいよ1週間となりました。 今日現在の天気予想では、開催日の6月14日(土)晴れ・最高気温25度、15日(日)曇りのち晴れ・最高気温25度の予想となっています。 メイン会場となる高峰高原は標高2000メートルあり、日によっては市街地とは違い天候の変化も激しい山特有の天候となります。 気温も急激に低くなる恐れもございますので、雨具や防寒具をお持ち頂きご来場頂く事をお勧めします。 皆様と楽しい週末を過ごせる事を浅間ヒルクライム実行委員会一同楽しみにしております。      

Powered by WordPress | Designed by: buy backlinks | Thanks to Ventzke & Partner, ventzke partner 2011 and india property | Work by UsPlus