Archive for 9月, 2012

協賛企業情報

新たに、McLaren TOKYO (マクラーレン東京)さまにご協賛いただけることになりました。

FAQを更新しました。

観覧について ・観覧者向けに用意された駐車場に、自分の車を停めた場合、ヒルクライムの競技終了まで車を出す事は出来なくなるのでしょうか?そして、それは何時から何時まででしょうか?

実行委員会からのお願い

お陰様で、さまざまなメディアやBLOGでご紹介いただき当サイトのアクセスも日々増えております。あわせてGoogleの検索順位も上がり「高峰高原ホテル」や「アサマ2000パーク」へのお問い合わせも多数頂いており、実行委員会一同、大変感謝しております。 反面、残念なこともあり、昼間の登山客や観光客の方々が歩いてる道すがらを、乱暴な運転で走り抜けたり、スキーパークの駐車場で意味なく周回する車両が何台か確認されております。今後さらにそのような行為が続く場合には、現地の安全確保とイベントの無事開催のためにも、当該車両の特定をし、関係各所にご連絡させていただかざるえないと考えております。 みなさまのご理解とご協力をお願いもうしあげます。

二輪試走 250ccで行ってきました

天候に恵まれた、3連休中日となった軽井沢ですが、高峰高原も気持ちの良い天候と心地よい気候に恵まれました。 高峰高原ホテル駐車場からの景色も最高でした。 この時期、高原ドライブを楽しまれる方も多く、頂上には沢山の人が訪れていました。 本日は2回目となった二輪での試走。 お昼頃に軽井沢を出発。 イベント当日、道路封鎖区間に到着すると浅間ヒルクライム実行委員会メンバーが無線の電波状況をチェックしていたので、プチミーティングを済ませ、ゴール地点まで試走開始。 前回の二輪試走はMVアグスタ125sでしたが、今回は排気量を上げて、Aermacchi Ala Verde 250ccにしました。 標高差も全く気にならず、気持ちの良い走行が出来ました。

FAQを更新しました。

エントリーについて ・開催地の近くに温泉のある宿泊施設はありますか?

協賛企業情報

新たに、横浜ゴム株式会社さま、ガレーヂ伊太利屋さま、株式会社パパコーポレーションさま、かるいざわ純クリニックさま、以上4社さまよりご協賛いただきました。 ありがとうございます。上記を主催者情報に追記いたしました。

FAQ更新いたしました。

以下の項目を追加しました。 エントリーについて コースにはコーンによるシケインなどの設置はあるのでしょうか? 車両規定に、後続車の追い越しについての記述がありますが、本イベントは1台ずつのタイムトライアルではないんででしょうか? 参加者むけ宿泊先のおすすめはありますか?  

Powered by WordPress | Designed by: buy backlinks | Thanks to Ventzke & Partner, ventzke partner 2011 and india property | Work by UsPlus