エントリー

浅間ヒルクライム2016は終了しました。

5月28日(土)・29日(日)の2日間、高峰高原・チェリーパークラインにて開催いたしました、浅間ヒルクライム2016は、多くの皆様のご協力のおかげもあり大きなトラブルもなく、締めくくる事ができました。 この2日間で、2万人近い人達が市内パレード、メイン会場等にご来場いただきました。 改善すべき点もまだございますが、皆様からのご意見を賜りながら、一緒に育てる地域振興そして自動車文化育成イベントとして育てて参りたいと存じます。 そして、メイン会場で実施いたしました、熊本地震義援金の募金活動で集まった金額は、¥84,576 となりました。 皆様からお預かりいたしました義援金は、熊本県を通じて、被災された方への義援金として寄付をさせていただきます。 浅間ヒルクライム2016の公式画像等も今後公開をして参りますので、そちらもお楽しみください。 そして2017年大会は5月27日(土)&28日(日)の開催を予定とし準備を進めて参りますので、引き続きご支援の程、宜しくお願い申し上げます。 浅間ヒルクライム実行委員会一同

teamhrc15_dak16_hondacrf450rally_34_5k_pc

HRCよりCRF450RALLY(2016年モデル)も登場

【CRF450RALLY(2016年モデル)】 排気量449.4ccの水冷DOHC単気筒エンジンを、アルミツインチューブのフレームに搭載。 エンジン、車体共にラリー専用に開発され、TeamHRCがレースで使用したマシンです。 今回は市販車のアフリカツイン、RC213VSと共に、浅間の山を駆け上ります。        

_DSC4370_カゲ

ZERO ENGINEERING ROAD HOPPER TYPE9 EVO

浅間ヒルクライムは四輪だけでなく、魅力的な二輪の走りにもご注目ください。             【ZERO ENGINEERING ROAD HOPPER TYPE9 EVO】   この1台の最大のトピックは、リヤに装備されたマルチアームサスペンション。 その古格な姿からは想像しがたい革新的なサスペンションシステムは、一般的なスイングアーム式サスペンションよりも小さなホイールトラベルの中で、初期作動のスムーズさを確保しながら高負荷時にもトラクションが破綻しない仕様を実現。行き過ぎた快適装備をあえて備えないビンデージルックを守りながら、高速安定性とトラクション性能を徹底的に磨き上げた1台。    

浅間ヒルクライム2016 エントリーリスト

ASAMA HILLCLIMB 2016 ENTRY LIST ゼッケン カテゴリー 区分 メーカー 車種 年式 1 一般 四輪 ポルシェ / Porsche 993 1994 2 一般 四輪 ポルシェ / Porsche 930カレラ 1986 3 一般 四輪 ポルシェ / Porsche 935ターボ 1989 5 K-Touch 四輪 ポルシェ / Porsche 911 GT3R (Super GT) – 6 一般 四輪 ランボルギーニ / Lamborghini ガヤルドスーパートロフェオレーシングカー 2013 7 [...]

横浜ゴム EVコンセプトカー「AERO-Y」がヒルクライムデモ走行

横浜ゴム(株)は自社技術の研究・開発を目的としたEV(電気自動車)のコンセプトカー「AERO-Y(エアロ・ワイ)」を浅間ヒルクライム2016でヒルクライムデモンストレーション走行を行ないます。 「AERO-Y」は EV のモータリゼーションの成長に向けて、横浜ゴムの環境に配慮した技術をあら ゆる面で採用しつつ、直感的に「走る喜び」を感じてほしいとの思いから参考車両として製作した。 開発にあたっては「空気抵抗低減」をテーマとし、空気力学(エアロダイナミクス)を活用したタ イヤ設計やボディ設計をはじめ、航空部品やハマタイト(接着剤)の開発で培った様々な部門の最 新技術を結集している。ボディデザイン協力はレーシングカーデザイナーの由良拓也氏※が代表を務 めるムーンクラフト(株)が担当。    

AHC2016 フライヤー表

浅間ヒルクライム2016 フライヤー

浅間ヒルクライム2016のフライヤーを下記よりダウンロード出来るように致しました。 浅間ヒルクライム2016 フライヤーダウンロード 浅間ヒルクライム2016パレードラン フライヤーダウンロード      

RCV1000R

RCV1000Rのデモ走行が決定!

浅間ヒルクライム2016に於いて、MotoGP 2014年シーズン、ゴー•アンド•ファン•ホンダ•グレッシーニとして参戦したプロダクションレーサー、RCV1000RをHRC様によるデモ走行が決定しました。 「RCV1000R」は、プロトタイプマシン「RC213V」をベースに開発され、2013年型「RC213V」と同じシャシーを持つアルミツインスパーフレームに、排気量999.5cc 90°V型4気筒エンジンを搭載した市販レースマシンです。

Powered by WordPress | Designed by: buy backlinks | Thanks to Ventzke & Partner, ventzke partner 2011 and india property | Work by UsPlus